LEDについて

オフィスデスク

貢献するLEDと発展

LEDは1960年代に三人の教授によって開発された省エネで長寿命である発光ダイオードとよばれるものです。日常生活の中でも幅広く使われているLEDですが、例えばどんなもので使われているでしょうか。この時代に多く出回っているテレビ、いわゆる薄型テレビとよばれるものをLEDは作り上げました。省エネと省電力をかね合わせ薄型を実現させたのです。それだけではなく、LEDは家電の他、IT機器、そして身近な電気、蛍光灯などです。LED照明により、ますます暮らしを大きく発展することに成功しました。LED照明は信号機などにも使われています。省電力でありながらも発光するLEDはこれからも進化していくかもしれません。

LEDの寿命、そして進歩

LED照明の寿命を知っていますか。LED照明は省電力ながらも白熱電球の数十倍もの寿命を持つといわれています。白熱電球とLEDを比べてみるとその差は歴然です。時間で比べてみると、LEDは約40000時間、白熱ランプは1000〜2000時間です。この結果はどうみてもLEDの寿命の方が遥かに長いです。しかし、ただ発光させればLEDの寿命は40000時間というわけではありません。電球の寿命は温度によって決まります。発光するときにもつ熱をなるべく低くしなければ寿命は長くはならないのです。LEDの寿命を40000時間以上保つには発光部温度をなるべく低く保ちながら発光させなければならないのです。LEDはこれからも研究が進みさらなる飛躍をもたらすでしょう。また現在は節約の対象ともなっていて、購入ではなくレンタルサービスまで行われ始めています。企業での導入を考えているのであれば、レンタルも視野にいれてプランを練りましょう。