LED照明を有効活用

女の人

換気などで高熱を避ける事

LED照明は発生する熱の量が少ない事が電力消費量が少なくて済む理由の最たる部分です。一方で、LED照明はその熱に弱いという側面があります。ですので、換気がままならないような環境で、長時間高温の状態にある場合などは異常動作を起こしやすく、寿命が短くなってしまいます。 ですので、LED照明を使用する場所では、換気や熱を逃がすための設備を整えておく事が、LED照明の本来のメリットである寿命の長さと消費電力の低さを享受するために重要な要素となってくるのです。 エアコンを利用すれば勿論効果的ですが、電力消費の事を考えるのであれば、シーリングファンを設置しLED照明を点灯する際にはファンを作動させるようにすると効率的に熱を逃がすことが可能になります。

電力消費量が少なく長持ち

LED照明のメリットは前途の通り、消費電力の少なさと寿命の長さに基づく経済性と環境への優しさです。なぜ消費電力が少なく済むのかと言えば、半導体である発光ダイオードの発光が熱を発生させずに行われることにあります従来の電球の場合熱エネルギーとして逃げていた電力を、フルに活用できるのがLEDなのです。また、LED照明の寿命が長い理由は、半導体の集積回路の中でもトランジスタなどと比べてもより構造がシンプルである事が要因となっています。尚、家庭でLED照明を設置する際、ダウンライトをLED照明にするケースもありますが、この場合、LED電球が切れた際は、電球だけを抜き差しして交換することはできませんので、ハウスメーカー等に交換を依頼する必要が生じます。LED照明を設置する際は、従来の蛍光灯や白熱電球のように自分で簡単に交換ができるとは限らないという特徴も押さえておく必要があります。また企業が節電のために取り入れるときには、レンタルするという方法もあります。レンタルであれば大幅なコストダウンに成功します。特に企業は様々なものに経費が必要になるので、照明から節約に取り組んでいきましょう。