LED照明の普及率

社内

LED照明は長寿命

LED照明の人気の理由は、何と言ってもその長い寿命です。白熱電球の数十倍程度の寿命があり、蛍光灯と比べても数倍以上の寿命があります。それだけ交換の時期を遅くすることができますから、コスト削減が可能です。特にオフィスの場合には、電球交換はなかなか手間のかかる作業です。オフィス内にある沢山の電球を一つずつ交換していかなければなりませんので、次々に交換時期がやってきます。その点、LEDであれば10年程度は寿命があると言われていますので、一度交換すれば当分の間はそのままでも差し支えありません。交換時期の間隔が広ければ広いほど、交換作業も楽になります。割高なLED照明が現在かなり普及してきているのは、この点が大きなポイントです。

低価格化による普及率向上

現在、LED照明の普及率はかなり高まっていますが、今後、さらに普及していくことが予想されます。当初の普及状況は予想よりも遅かったですが、その原因の大きなものは価格設定でした。例えば通常の白熱電球用のソケットにも対応しているLED電球の場合、発売当時の価格は1つ6000円程度でした。通常の白熱電球であれば数百円から販売されており、その差は10倍以上です。これだけの価格差があれば普及しないのも無理はありません。しかし、現在では1000円をきるくらいまで低価格化が進んでいます。電球を交換するのは手間ですから、これくらいの差であれば多少高くてもLED照明を選ぶという企業が増えても不思議はありません。今後、さらに低価格化が進んでいくことで普及率の向上が期待できます。そのため、オフィスの内装を行なう際に、LED照明への交換をしようかと迷っているのであれば、業者に相談してみるのも一つの手です。