LED照明を有効活用

女の人

LED照明は消費電力量が少なく、寿命が長いため、経済的な上に環境にやさしい照明です。現在個人住宅でも広がっている照明の形ですが、企業でもコストダウンのために使用しているところが増えています。

More Detail

特徴のある商品が登場

事務所

省エネならLED照明です

省エネを考えたときに、電力のなかで簡単に節電ができ、不便がない状態にできるものの一つが、通常の白熱電球等をLED照明に交換することです。日本の今のFIT制度においては、今後、電気料金はどんどん上がる可能性が高いものとなっています。今は原油価格が落ち着いているために、大きな問題にはなっていませんが、原油高と再生エネルギーの買取制度に伴う電気料金の値上げが重なると厳しいものがあります。そこで各社からLED照明が発売されており、そのタイプも様々なものがでています。蛍光灯を取り換えるタイプのLED照明や、電気スタンドなどは既に多くがLED照明を採用してものとなっており、ますますLED照明はちらつきもなく寿命が長く使いやすい特徴を持っています。そのため、内装を行なう企業や飲食店などでは、省エネのことを考えて従来の照明からLED照明へと交換するところも多いのです。今から内装を行なうというところでも遅くはないため、LED照明について知ってどちらの照明がよいかを考え、交換をするか検討してみるとよいでしょう。また、オフィスなどの内装を行なう際には、オフィス家具も必要となります。オフィス家具には様々な種類があるため、仕事をする上で何が必要であるかを考えてから購入するようにしましょう。

さらに普及は進みます

CO2の削減ということもあるため、省エネの流れは変わらないため、今後ますますLED照明の普及率は上がることが予測されます。LED照明は一般的には蛍光灯と比べても寿命が長いというのが特徴であり、まだ少し寿命の長さとコストのバランスがもう一つなのですが、次第に改良されて寿命も延びてくると考えられます。そのことによってLED照明に従来の照明を交換することのメリットがさらに高まりますので、ますますLED照明が一般的になり普及が進むことが予測されます。LED照明によっては、一つの電球の形をした中に、複数の色のLEDを入れてバランスの調整をすることでカラフルな光を出すことができるなど、これまでにない電球も開発されており、実用面とこうした遊び心の面の両面でさらに普及は進むことが予測できます。

LEDについて

オフィスデスク

日常生活に欠かせないものとなっているLED照明ですが、その他にもIT機器や家電、蛍光灯や電球、ライトなど様々なものに使われています。LEDは白熱電球などに比べて長寿命であり省電力、省エネであることから使い勝手がいいものです。さらなる寿命の発展が望めるものと思います。

More Detail

LED照明の普及率

社内

LED照明の一番のメリットは長寿命である点です。発売当時は単価が高かったため普及率が伸び悩んでいましたが、最近では低価格化が進み、普及率が上昇傾向にあります。多少割高でも長寿命のLED照明を選ぶ企業が増えているのです。

More Detail